SNSサイトでの交流をより充実させるには、相手と共感し合える話題を広げていくことが大切です。
そこで重視すべきなのは、会話の相手のプロフィール等、様々な登録情報になります。
SNSサイトでは、多くの方が自分の情報を広く公開していて、その情報量は些細なものまで含めると膨大です。
通常だと、ネット上に情報を公開するというのは、あまり日本人は好まない行為になります。
ところが、SNSサイトに限って言うと、このような風潮は一切当てはまらないものです。
自分の趣味や考えを公開することで、共感できる友人を作りたいと考える人がほとんどで、「誰か話の通じる人がいないかな」と願っているものです。
このことに目を向ければ、交流に用いる話題を広げる方法も、自ずと見えてくることでしょう。
相手の公開している情報に目を通し、そこから得られるものを会話に盛り込んで、相手に共感させることが基本線になります。
新しいことを知ってもらうことよりも、相手が自然と会話に参加できる「あるあるネタ」のようなものを多用することで、会話の頻度も高まるはずです。
出会い系サイトでは、自分を特別な存在として際立たせる、変化球のようなネタが好まれますが、SNSサイトは全く違うということですね。
自分自身について知ってもらうより、相手のことを熟知して近づいていきながら、お互いに共感し合える関係を構築していきましょう。

であい